第1章として初めに自分のブログを解体します。

ブログを再生化するうえでまず最初に行うことは現状を知る事だと思います。

今回ブログ解体に使うツールはもちろん「グーグルアナリティクス」です、もうこれ以上の解析ツールはないのでは?使っている人も多いので他のユーザーさんとの比較にも使えますしね。

この「グーグルアナリティクス」はブログを開始した時にブログ初心者が入れるツール10選的なものを見つけブログ開始と共に入れたと思います。なのでブログ初期からのデータが取れています。

ただこの「グーグルアナリティクス」は解析項目が大変多いので導入はしたけれど正直ホーム画面をたまに見るくらいで、ほぼ放置状態でした。今ではかなり後悔している。

ブログの基本数値をユーザーの概要でチェック

まずはユーザーの概要でデータをチェックします。

このデータは私がブログを開始した2017/04/01からブログ再生化をする直前の2019/03/09までの約2年間のデータです。

各項目の意味と私のブログの数値の解説をしていきます。どれも重要なデータなのでしっかり意味を覚えなければなりません。

 

ユーザー
期間中に1回以上のセッションを開始したユーザーの数
2年間で1,361人てことは1日平均1.8人しかブログに訪問していないことになります。ほとんど見られてませんね。
新規ユーザー
指定した期間の初回ユーザーの数

1,363人てユーザーの数より新規ユーザーの数が少ないってどういうこと?笑ってしまいます。

セッション
期間内の合計セッション数です。 セッションとはユーザーがウェブサイトやアプリなどに積極的に関わっている期間を指します。すべての使用状況データ(スクリーン ビュー、イベント、e コマースなど)はセッションと関係します。

1,852でしたが、説明がわかりずらいですね、セッション数について私がTwitterでつぶやいているのでそちらを。

このようにユーザー数とはちょっとカウントの仕方が違うのです。

ユーザーあたりのセッション数
ユーザー 1 人あたりの平均セッション数です。

1.36 この数字が多いほどリピーターが多いことになります。後にでてきますが正直アクセス数がほとんどない私のブログでは、現状あまりあてにならない数字です。

ページビュー数
閲覧されたページの合計数です。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。

3,218 2年間で約3,200は1日平均に均すと約4pvです、1日4ページしか見られていません、こんなじゃ収益化なんて夢のまた夢ですね。

ページ/セッション
セッション中に表示された平均ページ数です。同じページが繰り返し表示された場合も集計されます。

1.74 訪問した人が1回の訪問で何ページ見るかの数字です、これもアクセス数がほとんどない私のブログでは、現状あまりあてにならない数字です。

平均セッション時間
セッションの平均時間です。

1分33秒 1回の訪問でサイトに滞在している時間です。これも多いほうが良いですが、アクセス数がほとんどない私のブログでは、現状あまりあてにならない数字です。

直帰率
ページで何も行われなかった 1 ページのみのセッションのパーセント数。直帰の場合、セッション継続時間は 0 秒です。

77.38% 訪問した人が全員1ページしか見ないで帰った場合100%になります、したがって少ない%の方が良いです。

 

重要視したい4つの項目

  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • ページビュー数

直帰率以外はできるだけ数字を上げる努力が必要です、直帰率はできるだけ下げる必要があります。

ページ/セッション

内部リンクを充実させることで1セッションあたりのページ閲覧数を増やすことができます、いかに別ページへ誘導できるかがキーです。

平均セッション時間

2000文字で1分というデータがあります。記事の文字数が多くなればなるほど滞在時間は増えますが、つまらない文章だと直帰させる原因になります。いかに訪問者が興味を持つ記事にするかがポイント。

直帰率

記事の冒頭でこの記事ダメだなと思われたら離れてしまうので記事の文章の入り15秒が勝負、なんらかのアクションをしてもらえるような工夫が必要。

ページビュー数

ページビュー数が多ければ多いほど広告表示数が多くなるので訪問者が広告をクリックする可能性多くなる、ページビュー数はサイトの規模の指標になる。

リピート率が高いとアクセス数は安定する

次のグラフはグーグルアナリティクスのユーザーの概要で表示されるもので新規の訪問者とリピートした訪問者のグラフになる。

見てわかるように新規が94.8%でリピートしてくれている人がめちゃくちゃ少ない、これでは安定したブログ運営ができない、緑のリピートしてくれる「ファン」を作らなければならない。

ファンを作るには2つの要素が必要

  1. 記事の更新頻度を増やす
  2. 訪問者が興味を持つ記事を書く

記事の更新頻度が多くなるとリピート数は確実に上がる、記事の内容が面白かったり訪問者に有益な内容の場合、ブックマークされる率が高くなる。この2つをクリアできればリピート率が確実に上がる。

行動の概要で読まれているページを確認する

行動の概要から自分のブログのどのページがよく読まれているかを確認する、よく読まれているページに内部リンクを貼り、次ページへ誘導することで直帰率を下げ、セッション時間、ページビュー数を増やす事ができる。よく読まれている記事のキーワードで別記事を増やしたり、キラーページに繋げるなど収益化に特化する事も可能。

私のブログの2019年3月9日までのページビューのランキングです、二年ブログをやっていて1位のページビュー数が475です、もう笑っちゃいます。10位になると45ページです、、、悲惨です。もうこうなるとブログというよりは記録簿とか手帳の覚書ですよね。

集客の概要でブログへの流入元を確認します

行動の前の項目で順番が逆になりましたが集客の概要でブログに来るきっかけとなった流入元を確認します。

  • がグーグルやヤフーなどの検索エンジンからの流入
  • が他のブログやサイトからの流入
  • がお気に入り、ブックマークからの流入
  • がTwitterやFacebookなどのSNSからの流入

私のブログの場合、検索からが約50%で他はお気に入りと他のサイトの紹介からとなっていますが、紹介された記憶はありません。お気に入りも数人がしてくれているかなレベルですね。

とにかくこのグラフでは青とオレンジが増えていくことが理想です、特にオレンジの値が増加すると安定します。

 

第1章 まとめ

今回は自分のブログがどのような状態だったのかを知るために、「ぽまいく!」再生計画開始の前の状態を紹介しました。

重要なのは自分のブログが今どういう状況なのかを知る事が一番最初にやる事です。

どんなに悪い状況でもいいので、少しずつ改善することで結果がついてきます、時間はかかりますがまずは第1歩!

すでに3月10日から再生化を始めて少なからず効果が出始めています。

【次回予告】

第2章「Twitter利用でSNS流入を増やせ!」

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事