こんばんは、ぽま父です!

退院後一週間が経った頃の話です

妻は授乳のさせかた、沐浴のさせ方に日々奮闘中、まだ傷が痛むようで思うように動けないのが悩みのようでした、赤ちゃんの扱いに慣れるまで妻の実家での育児になります、義理の母には大変お世話になりました。

仕事を終え妻の実家へ向かい娘と対面、起きていたので抱っこであやしたり、ミルクを飲ませたり、沐浴のお手伝いをしました。妻からたまに笑うんだよ~と聞いていたので見たかったのですが、その時は見れずに帰宅。

帰宅後、妻から娘の写真がスマホに届き見てみるとにっこり笑ってる写真でした、何が面白かったんだろうと尋ねたら、これは面白くて笑ったんじゃないよと言われ、新生児微笑であることを教えられました、この新生児微笑とはなんだろう。

新生児微笑とは

無意識の中、条件反射的に顔が笑っているように見える様子でまだ自分の意思で顔の表情が作れない赤ちゃんは顔面の筋肉が引きつって笑顔のように見えるらしいです。他の理由として赤ちゃんは本能的に笑顔を作る事で自分の親に愛してもらえるようにしているらしいです。新生児微笑は「天使の微笑み」とも言われています。

新生児微笑はいつからいつまで起こるの?

この新生児微笑はその名の通り新生児の時にしか見れません、というか起こりません。お母さんのお腹の中にいる時から新生児微笑は起こっていると言う人もいます、実際に見る事は出来ないので定かではありませんが、本能的に笑顔になっているのであればお腹の中でも笑っているかもしれませんね。基本的に社会的微笑(あやしたり、笑い声を聞いたときに赤ちゃんが笑うようになる)が出来るようになるまで続くようです、社会的微笑は生後2ヶ月~3ヶ月で行うようになるらしいです。

声を出して笑うようになるのはいつ?

新生児の視力は0.01~0.02しかありません、見えているようではっきりと認識は出来ていません、認識も出来ないですから面白いと思う事はありませんね、顔を近づけてもぼやっとしか見えてないようです。たまに天井や壁を凝視していたりするので何かしらは見えてるとは思うのですが、、、

生後6ヶ月にもなると視力は0.1くらいになります、色や顔もある程度認識できるようになりお母さんお父さんの顔も覚えられ、会ったことが無い人への警戒心も生まれてきます、この頃から人見知りが始まるようです。声を出して笑う事が多くなるのもこの時期からのようですね。

うちの娘は現在5ヶ月になりました、今では「ぐへへへ」とか「キャー」とか悲鳴やオヤジのような笑い方をします(笑)将来がとても心配。

※注意!
最近の子供は視力の低下が多いようです、原因はスマホやテレビを使い赤ちゃんをあやす人が増えている事、特にYouTube動画をスマホで見せる人が多いそうです、動画を見せていると大人しくしているのでお母さんは助かるようですね。動画を見ている時は眼球を動かす筋肉を酷使してしまうので視力の低下につながるそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事