ぽま父です

今回は子供が生まれた時の事を日記にしました、あんなに感動するとは思ってませんでした。

 

陣痛が始まる

記事「出産予定日の前日!本人よりも周囲がそわそわ」の数時間後の話です、寝ようかと思った時に妻のお腹の痛みがいつもと様子が違う事に気づき痛みの間隔を計ってみる事に、どうも15分おきに痛みがくるようで痛みも明らかに強く痛む、教科書のような陣痛の始まり方だった。

予定日の夜中0時から陣痛が始まり、時間の経過と共に痛む感覚の時間が短くなってきた。病院からは10分間隔で痛むようになったら電話するようにと言われていたので、一度目の電話を入れる。実家が病院の近くという事で間隔が7分くらいになったらもう一度電話して下さいと言われ、まだ病院へは行かず待機となる。

陣痛が5分間隔になり病院へ

間隔が5分くらいになったときにもう一度電話を入れ病院へ送る事になる。このとき時間は3時半、病院へ着くと入口のインターホンで電子錠を開けてもらい入院設備のある2Fへ、まずは少し出血があったのと子宮口の開き具合を診てもらう事に。

子宮口は4センチ開いており、柔らかくなっているので順調との事、病室へと案内され赤ちゃんの心音とお腹の張る周期を計る機械を付けられ仰向けの体勢で30分ほど経過を見る、陣痛が来ている時に仰向けで動けないことがかなり辛いらしく、見ているこっちも痛々しく感じて辛かった。

陣痛と赤ちゃんの心拍のデータも取れたので装置は外され、あとは陣痛の間隔が短くなるのをひたすら待つことになる。この病院は立ち合い出産を望む人以外は面会時間以外の病室への立ち入りは禁止されているので、妻も私も立ち合いを希望していなかったので、一度帰宅となる。

面会時間までソワソワ

帰宅してからは、すぐに布団に入ったが3時間ほど眠っては起きてを繰り返す、出産が気になって深い眠りに入れない。眠る事も出来ないので気が早いが退院したときの準備で必要な物の買い出しや部屋のレイアウト変更をしたりして時間を潰した。

午後3時になり義理の母と一緒に病院へ、2Fの病室に行くと主がいない、、、看護師さんがいなかったので病室で待つことにした、近くに部屋の掃除をしている人がいたので「うちのどこに行ったかわかります?」と聞いたんですが「わかりません」との返事で、、、

ついに赤ちゃんとご対面!

その後部屋で待機していたら、先ほど部屋の掃除をしていた看護師さんがわざわざ来てくれて「生まれたみたいですよ」との報告を受けた、まさかこんな感じで生まれた報告を聞くとは思っていなかった(笑)病室の外から赤ちゃんの泣き声が聞こえたので通路から覗いて見たらカートに乗せられた赤ちゃんが運ばれてきた、看護師さんから「おめでとうございます!〇〇さんの赤ちゃんですよ!」と言われカートを覗いて見るとそこには生まれたての小さい赤ちゃんが眩しいのか目をパチクリさせて手足を元気に動かしていた。嬉しいけどどうしたらいいのかわからず義理の母へバトンタッチ、慣れたもので赤ちゃんをすっと持ち上げ抱っこしてくれた、もう言葉では表現できないほどの感動でしばらくニヤニヤ笑っているだけで声をかけることも忘れていた。

義理の母から抱っこの交代をお願いされ、初抱っこ。まだぎこちない抱き方ではあるが落ちないようにしっかり抱き上げる、腕の中に包まれた我が子はとても温かく命の温もりを肌で感じて、初めて父親になった事への実感をほんの少しだけど感じる事ができた。そのご大きい声で泣かれたのですぐに義理の母へとお返ししました(笑)

なかなか病室に戻ってこない妻

赤ちゃんは元気で良かったのだが、なかなか妻が帰ってこないので心配になる。赤ちゃんを預かってから30分ほど経った頃、看護師さんから旦那さんちょっといいですか?と言われ病室を出た、一瞬嫌な予感が過ったが看護師さんの話を聞くと、出産後かなり衰弱しており帰ろうとした時に倒れたらしい、分娩室で回復中なので側にいてあげて欲しいとの事だった、予感が的中しなかったことにほっとし分娩室へ

分娩台には衰弱しきった妻が横になっていた、余程辛かったのだろう意識が朦朧としている。妻が無事だった事がなにより嬉しくて、正直赤ちゃんと対面した時よりも嬉しかったかもしれない。水が欲しいとの事だったので急いで病室に戻り飲ませてあげた、話を聞くといきむ事がうまくできなく中々出てこなかったらしい、出口も切ったけどそれ以上に裂けてしまい、後陣痛の痛みと傷口の痛みでとても辛いとの事、最後には多くの人に囲まれた中での出産になってしまい大変だったようだ。あらためて出産は命がけなんだと思わせられた、男にはとうてい耐えられない痛みだろう。

歯医者で歯の治療中に痛みを我慢した話を得意げに話していた自分が恥ずかしい、、、。

赤ちゃんを見る妻の笑顔に感動

その後少し落ちついたとの事で車いすで病室に戻った、ベットにうつる時もかなり痛そうで見ているこっちも顔が歪んでしまう、赤ちゃんを見たいとの事だったので、義理の母が妻の横に赤ちゃんを移してくれた、その時ずっと痛みで歪んでいた顔が初めて笑顔に、妻の初めての笑顔に泣きそうになった。

子供が生まれると「パパになったね」とか「もうお父さんだね」なんて声をかけられるが形式上は父親になるけれど、気持ちはすぐに父親になることは難しいと思う、父親としてたくさん失敗して挫折もするでしょう、現在娘は4ヶ月、将来子供に尊敬されるような立派な父親になるようにこれから日々努力していこうと思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事