こんばんは、ぽま父です!

先日の日曜日の話ですが、妻が休日出勤で朝から夕方までいないという事で、久しぶりに丸一日ぽまのお世話をすることになりました。

2人きりは以前にも何回か経験していたので、どうぞどうぞごゆっくり仕事してきて下さいと送りだしたわけですが、、、苦難の始まりだったのです。

 

朝の離乳食

いつもなら片方がぽまに食事を与えて、もう片方は洗い物やら自分たちの食べる料理を作っているのですが、自分で離乳食を作り、食べさせ、片付けして、自分の朝飯を食べなければならない。現在離乳食は自分で食べたい時期でスプーンを奪いとるとブンブン振り回す、、、食事はそこら中に飛びまくり。マグマグに子供麦茶を入れ与えると最初はしっかり飲んでくれるのですが飽きると床めがけてバーン!もうクタクタ。

 

歩き回るぽま

やっとの思いで離乳食を与え終えると、一歳になり自分で歩けるようになったぽまは自由自在でそこら中を走り回り、取ってはダメなものを持ってきたり食べようとする、その都度取り返したり、抱っこで元の場所に戻したり大忙し。少し前まではテーブルの上のものなんかは届かなかったので気にもしませんでした。日に日に届く範囲が広がっています。

 

眠くなると泣き出す

散々遊んで眠くなると急に機嫌が悪くなります、何をしても泣く、泣く、泣くの連続、以前は抱っこ紐で簡単に寝たのですが抱っこ紐に入れようとするとめちゃくちゃ抵抗します。仕方がないのでベットに泣いたまま寝かせる、寝返りして起きるを繰り返す、その後疲れてやっと寝る。ここでやっと休憩できます。しかし30分後にはケロっとした顔で起きてしまいます。

 

外で遊ばせるときは目を離すのはダメ

家の中にいるのが限界に達して外に連れ出し、車が来ない安全な歩道で歩かせる事にしました。最初は珍しそうに周りを眺めていたのですが慣れるとどこまでもてくてく歩いて行きます、目を離すことはしませんでしたが、これは少しでも目を離すと危険過ぎます。よくニュースで目を離した隙に、、、なんてニュースが出る理由がわかりました。

 

ドライブとショッピングセンター

お昼の離乳食も悪戦苦闘で食べさせ、食後はドライブで眠りにつかせる作戦です、車で向かうのは片道15分ほどにある大型ショッピングセンター、向かってる途中で寝てくれました、その後はショッピングセンターの駐車場で起きるまで爆睡。起きてからはショッピングセンター内を歩かせながら時間つぶし、時間も16時を過ぎたので帰宅する事に。妻から18時には帰るとの連絡が入り、なんとか乗り切りました。

 

正直1歳児をなめてました、泣く回数は以前より減ったものの動き回るので注意してみていないと危険がいっぱいです!これは疲れる。いつもは長くても2、3時間遊んであげるだけで済んでいたので10時間以上一緒にいる大変さを体験して、毎日子供の相手をしている専業主婦や私が土日の仕事で家にいないときに一人で子供の面倒をみている妻の大変さを身にしみて感じた1日でした。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事