こんばんは、ぽま父です!

花粉症になってしまい、気づかないうちに鼻水が出ているときがあって困ってます、薬も飲んでいますが効いているのか微妙な感じです。胃腸の調子は良くなってきました、早く薬を飲まない生活に戻りたいです。さて今回はぽまが原因不明の蕁麻疹になったお話です。

1歳になってから特に大きな病気にならなかったぽまですが、先日おなかを掻く仕草をしていたので見てみるとお腹に湿疹のようなものが出来ていました、どうやら痒みがあるようでしきりに服をたくし上げてポリポリ掻いています、保湿クリーム塗っておけば治るだろうと考えていたのですが翌日私が仕事に行っている間に熱が出たようで妻が小児科へ連れて行ってくれました。

発熱で小児科へ

症状を伝えると発熱で蕁麻疹が出てるのだろうという診断で「蕁麻疹は2、3日で消えて熱は3日くらいで下がるでしょう、蕁麻疹が広がるようならもう一度来てください」と言われたそうです。ロコイド軟膏(ステロイド剤)と熱さましの薬を処方されました。

小児科を受診したその日の夜にお腹から胸まで蕁麻疹が広がりました、熱も38度を越え寝るのが辛そうだったので熱さましも飲ませました。

翌日は薬を塗った所は良くなってきたのですが、新たに顔や首、耳の後ろに蕁麻疹が広がりました。

蕁麻疹の広がりが収まらなかったので翌日小児科へ、2度目の小児科での診断はこれは蕁麻疹ではなくて乾燥による湿疹とのこと、このとき熱は下がっており鼻水が酷かったので、鼻水の薬とロコイド軟膏とアレルギーの薬を処方されました。

どうも乾燥肌との診断に疑問があり皮膚科を受診することにしました。

皮膚科で診察

小児科で診てもらった次の日に皮膚科で診てもらいました、診断結果は乾燥からくる湿疹ではなく体調不良から体の内面から出てくる蕁麻疹だろう言われました。

処方されたのはロコイド軟膏よりも強いステロイド剤(名前は忘れてしまいました)治りかけの湿疹には使わないで、新しく出た湿疹にだけピンポイントで使用するように説明されました。その日から熱は下がり、新しい湿疹は体の末端部へ移動しました。最終的には腕、手、足と出て現在は収まってはいますが、まだ痒みが出るみたいで赤い湿疹が出る所には薬を塗るようにしています。

ステロイド剤の使用は賛否両論ありますが子供が痒みを我慢できずに掻いて傷を作ってどんどん肌が傷だらけになるより被害をなるべく早く抑え、体の不調を治して湿疹が出ない体づくりにシフトした方が子供にとっても親にとっても良いと思います。ステロイド剤は間違った使い方をしないで上手くコントロールできれば良いと私は思います。

 

今回の病気の症状

鼻水、発熱(日中は微熱、夜になると上がる傾向)、全身に徐々に広がる痒みのある湿疹(蕁麻疹)、後半には咳が出始めた。

途中緑色の鼻水が出ていたのでウイルスによる風邪を引いていたのは確実で蕁麻疹が出る理由は病院の先生でもわかりませんでした。ちょうどアパートから戸建に引っ越した所だったので環境の変化による精神的なストレスもあったのかもしれません。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事