性別

赤ちゃんの性別は受精したときに決まっている

もともととなる体の作りは性別に関係なく一緒でY染色体が有るか無いかで男か女に分かれるらしいです。因にY染色体が有るのが男で無いのが女です。

男女の違いが出始めるのは

妊娠9週目から違いが出始め、12週頃からはっきりしてくるようです。ただはっきり違いが出るといっても完璧に判断する事はなかなか難しいそうで18週でも赤ちゃんの体勢ではわかりずらい事も、うちの場合妊娠7ヶ月の24週でもまだわからないと言われました。女の子と判断されたのに産んでみたら男の子だったという話も聞きます、実際外性器がはっきり見える以外は産婦人科医でも100%とはなかなか言えないみたいです。

色々ある性別診断

性別診断の方法結構あるようです、正直どれも確実性はないのであまりあてにならない気がしますがやってみました、さて結果はどちらになったでしょう(笑)

①顔つきで判断

妊娠中きつい顔になっていたら男の子、やわらかい顔になっていたら女の子

A:柔らかい顔に見えたので女の子

②好んで食べる味の違い

しょっぱい物をよく食べるようになったら男の子、甘い物をよく食べるようになったら女の子

A:甘い物をよく食べたので女の子

③つわりの程度

つわりが酷い人は男の子、軽い場合は女の子

A:あまり酷くなかったので女の子

④肌荒れの有無

肌トラブルが多くなったら男の子、少なかったら女の子

A:多いようなので男の子

⑤中国産み分けカレンダー

中国で13世紀頃に作成された、受胎月と受胎時の妊婦の数え年による男女の出生判断の表です、中国での的中確率は90~99%と高確率のようです

A:表にあてはめてみると女の子

産み分けカレンダー掲載サイトhttp://pages.xrea.jp/gender_select/

受精日を出産予定日から計算http://xn--0kqu7fiylfvkm9sk1inoz.net/gyakusan.php

⑥ブラジル式産み分けカレンダー

こちらも中国式同様、表による計算にあります上記サイトにて表示されますので試してみた結果、因みに的中率は85%前後のようです

A:男の子でした

⑦2人の年齢から

出産予定日が1~9月の人は2人の年齢+1の数字

出産予定日が10~12月の人は2人の年齢+2の数字

上記の計算結果の数字が3の倍数なら女の子、それ以外なら男の子

A:3で割り切れなかったので男の子

⑧お腹の出方

妊娠中のお腹が、前に突きでいる感じなら男の子、横に広がるようなら女の子

A:横に広がっていた気がするので女の子

 

結果

女の子 5票  男の子 3票

多数決で女の子になりました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事