こんにちは、ぽま母です!

今回は子育て中の買い物について日記にしたいと思います

個人宅配のオススメ

エレベーター無しの3階に住んでいるので、子供を抱え両手に買い物した荷物を持って階段を登らなくてはなりません。しかもベビーカーを使ってお出かけだと3階まで2往復することになります。夫に頼めば良いのでしょうが、うちは家にいない日が多いので買い出しのタイミングが合わない事もしばしば。

何か良い方法はないかと考えていたところ、地元スーパーの個人宅配のチラシを発見!
今まで利用した事はなかったのですがなんだか便利そうだったので利用してみる事にしました。

 

個人宅配のメリットとデメリット

個人宅配を利用してからちょうど二ヵ月が経ったのでメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

①店舗では売っていない商品を購入することができる

冷凍食品の種類(約300種類)が豊富で長崎ちゃんぽんや有名店のラーメンなど簡単に調理できて美味しいものがたくさんあります。

中でも冷凍野菜キューブは、国産野菜を使用しており離乳食にも使えるので、これだけを買うために個人宅配を利用している人もいるそうです。

②玄関先まで持ってきてくれる

個人宅配なのであたりまえですが牛乳や飲料水など重い品物を玄関まで持ってきてくれるのは大変助かります。

③ママ割(配達料金割引)がある

個人宅配を契約するスーパーによりますが6歳未満の子供がいる家庭やマタニティの方は配達料金が半額になる割引制度があります。

④ネットでも注文ができる

個人宅配のサイトから注文することも可能でポイントも加算されます。

⑤買い物に行く時間が必要ないので家事時間に余裕がもてる

 

デメリット

①店舗で購入するより高くなる商品がある

タイムセールや売れ残り割引がある店舗の方が安く買う事ができる。

②頼まなくても配達料金が発生する

私のお願いしているスーパーでは配達料金が1回240円、配達が無い時は94円かかります、今の所配達が無い時がないので気にはしていません。

③頼めるのは週に1回なので買い忘れがあると結局店舗に行かなくてはならない

買い忘れがあってもちょっとしたものなので抱っこしてても楽に買い物ができます。

④一週間に使い切る量が慣れるまでわからない

最初は多く頼みすぎたり、少なかったりと調整するのに大変でしたが、最近では慣れてきたので丁度良い量がわかるようになりました。

 

赤ちゃん泣きやむ最強おもちゃ「にぎにぎえほん」

ぽまちゃんがご機嫌ななめの時のお助けアイテムがあります。
「にぎにぎえほん」というおもちゃです。

5つのボタンそれぞれ違うメロディーが流れます、握るところにある星ボタンを押すと「ピコン」「ピコン」と効果音がなりたまに「こんにちは」とあいさつしてくれます。検証した結果17回目にこんにちはを言う事がわかりました(笑)

ぽまが泣いてる時に鳴らすと、不思議な事にどんなに大泣きいている時でもピタッと泣き止むのです!お気に入りは緑のボタンのトトロの音楽で、ぐずってミルクを飲まない時も緑色のどんぐりマークを押すと泣かずに飲んでくれます。

すごい効果がありますよ!

この「にぎにぎえほん」ですが同じ個人宅配を頼んでいる私の母が買ってくれました。
これが壊れて使えなくったり、無くなったらと思うと、、、

なので予備でもう一つ注文しました!以前よりも値上がりしていましたが、これに代わるものがないので仕方ありません。レビューでの評価も高く自信を持ってお勧めできる商品です。

Amazon

脳科学からうまれた にぎにぎえほん (音のでる知育絵本)

楽天

脳科学からうまれたにぎにぎえほん /ポプラ社/岡田浩之

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事