「ニューブロックプログラミング」と言うおもちゃをご存知ですか?

先日発表された「あんふぁん×ぎゅって おもちゃグランプリ2019」のエデュケーショナル部門で優秀賞を受賞したおもちゃです。

コンテストと言えば審査する人はプロの人が多いですよね?この「あんふぁん×ぎゅって おもちゃグランプリ2019」は一般投票から決まるコンテストなので私たち子供を育てている親目線のリアルなランキングだと私は思います。

「ニューブロックプログラミング」はこんなおもちゃ

ニューブロックプログラミングを簡単に言うとブロックを組み立てて遊びながらプログラミングの学習ができる知育おもちゃです。

子供の思考力・想像力・集中力の三大力が身に付きます

思考力
ブロックをどのように組めば自分の思い通りの動きをするかを試行錯誤して頭で考える力が身に付きます。

想像力
正解が無い無限に広がる可能性中で自分だけの作品を作りあげる独創的な力が身に付きます。

集中力
ブロックを組み立てる楽しさから夢中になって作品を作りあげる集中力が身に付きます。

 

「ニューブロックプログラミング」一番の特徴はやはりプログラミングです!

コックピットに乗り込むクルーの「色」に命令がインプットされており、乗り込む順番を変えるだけで色んな動きをさせることができます。こう動かしたいからこの順番にクルーを入れ替えるなどの「プログラム」する学習が可能になります。パソコンやスマホでやる学習と違いおもちゃが動くことにより飽きずに学習する事ができます。

「ニューブロックプログラミング」口コミ

実際に「ニューブロックプログラミング」を使って遊んだ人の口コミを紹介したいと思います。

・ニューブロックのステップアップで

もともとニューブロックを使っていてステップアップとして購入、実際に遊んでみると面白い!どのように組めばどんな動きをするのか頭を使って遊べます。

・プログラミングの基礎を学べる

形だけの創造だけではなく、ブロックをどのように組めば失敗しないで動くかを経験させることは、実際の機械を作る工程と一緒で現実に近いプログラミングを学べる、プログラミングの基本を自然に覚えることができる。

・幼児の頭のトレーニングに最適

小さい子には不向きかと思ったが、大人が少し手助けをしてあげれば問題なく遊べる、幼児期の頭のトレーニングにもなる。逆に大人が夢中になるかも。

ここがもうちょっとの口コミ

・一人で遊べるのは7歳くらいが丁度よい
・プログラムのステップ数が少ない
・動きが遅い、短い

小さい年齢のお子さんの場合は少し難しい場合もあるようです、大人が一緒に手助けをしてあげれば問題ないと思います。

慣れてくるとステップ数(指示ができる数)が少なく感じるかと思いますがブロックの組み方次第では色んな遊び方ができます。

動きはあまり早いとプログラムを理解するのが大変なので丁度良いスピードかと思います。

「ニューブロックプログラミング」の対象年齢は?

ニューブロックプログラミングの遊ぶのに適した対象年齢は

4歳~

となっています、口コミでは7歳からが丁度良いとレビューしている人もいました、もっと低年齢の2歳や3歳でも親が一緒に遊んであげれば問題ないと思います。遊べる年齢は幅広いと言えるでしょう。

一人で遊ばせるならモーターなどの精密機械もある事から物を投げるなどをしなくった年齢から始めるのが良いと思います。

ニューブロックプログラミングが優秀賞に選ばれた理由

ニューブロックプログラミングが優秀賞に選ばれた理由は学研のHPに掲載されていました。

『自分の作った作品が動くという子どもたちの夢を実現するとともに、遊びを通してプログラミング的思考が身につく新規性と教育性と遊びの広がり、そしてパソコンもタブレットも不要で気軽に取り組める。』

ニューブロックプログラミングの動画を紹介

「ニューブロックプログラミング」まとめ

2020年よりプログラミング教育が小学校で必修化されます、小学校に入る前からプログラミング的思考を養うことはとても良い事だと思います。

もちろん現在小学校のお子様がいる家庭でも必修化前に遊びで基礎を学ぶことも良いと思います。

自分で順序を考え、想像し、試行錯誤をして、解決する力を遊びで覚えることができます。

私の娘は現在まだ2歳ですがどんどん新しい事を経験させてあげようと思っています。まだ早いと思っている人もいるかと思いますが、遅くて失敗するより早くて失敗の方が後からやり直せます!

やらせるなら早めにプログラミング学習始めましょう!

ではでは「ニューブロックプログラミング」の紹介でした

またおすすめの商品がありましたら紹介しますね!最後まで読んでいただきありがとうございます、ぽまパパでした。

Twitterでは子育てやブログについて発信しています!フォローしてもらえると泣いて喜びます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事