ベビーベッドの種類

ベビーベットの種類は4種類

1.ミニタイプ

通常のベビーベットのサイズより少し小さい大きさになります、サイズが小さいので移動が楽でお母さんと一緒に移動させられます、高さも少し低い設定なので立て膝で作業をするのに丁度くらい。

ファルスカ farska ミニジョイントベッド ネオ 746051 【工具不要】つなげて!ひろがる! ママのスペースを確保する新しい発想のベビーベッド

2.ハイタイプ

通常のベビーベッドのサイズがこちらのサイズ、床からの高さは70センチほどのものが多く立ったままの作業がメインになります、ベッド下の収納も広く使えるので赤ちゃん用品の置き場所に困る事はありません、ハイタイプはベッドで寝ている方に人気のようです。
スリーピー ワンタッチハイベッド パル ベビーベッド

[ad#ad-1]

3.変形タイプ

ベビーベッドの使用期間は短くすぐ使わなくなるという人が多いです、そこでベビーベッドを使わなくなってもベビーサークルに変形することでもったいなさを解消というように用途を変形することで変える事ができるのがこのタイプ、ベビーベットだけを購入するのはもったいないと言う人には良いです。
ファルスカ farska ベッドサイド ベッド 03 746050 【工具不要】組み立て簡単! 9段階の高さに調節可能 ママと目線をあわせて 添い寝 ができるベビーベッド

ファルスカ farska ベッドサイド ベッド

ファルスカ farska ベッドサイド ベッド

4.折りたたみタイプ

ベビーベットを簡単に折り畳む事ができ、キャリーケースのように自由に運べるタイプでAmazonでは1番人気のようです、重さも持ち運びを優先に考えて作られているので軽いです、実家に新居に友人宅でなど移送先でも使いたい人には一番メリットが高いです。

New York・Baby プレイヤード (ニューヨークベビー)

 

通販は思っていた物と違う事がある

通販は安くて良いのですがやはり良く調べてからでないと失敗する恐れがあります、例えば柵が両方開くものと思って買ったが実際は片方しか開かなかった、折りたたみタイプは便利だけど柵が開かないので赤ちゃんの出し入れが大変、ハイタイプが思っていたより高く逆に大変だった、下の空いたスペースに物を入れると動かせなくなる、安くて買ったが造りが悪い、などなどAmazonのレビューを見ると商品の欠点がわかりますので通販全般に言えますが気になる事は買う前に調べたりメーカーに聞く事が大事ですね。評価の良いものでも自分が使用する環境に合ったものでないと粗大ごみになる可能性も。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事